スポンサード リンク

スポンサード リンク

60歳からの生命保険

60歳から生命保険を考える場合、保険を貯蓄代わりにしようとする考え方は持たないほうがいいようです。
生命保険を利用して老後に備えて貯蓄をしたい時、現在のように金利が低い場合は貯蓄性が非常に低いものになってしまうからです。
60歳からの生命保険は死亡保障ではなく、医療保険を中心として考えましょう。
年齢が高くなると、同じ病気にかかったとしても若い時に比べて療養日数が長引くことが予想されます。
入院したとしても、若い時に比べ入院期間が長引いてしまうのです。

そのため、長期の入院に備えた総合医療保険に加入してみるのはどうでしょうか。
しかし、60歳台から総合医療保険に加入しようとすると、保険料が高額なものとなってしまいます。

保険料を安く抑えたいのであれば、損保会社から販売されている医療保険がお勧めの保険となってきます。
契約で定められた範囲内であれば、入院にかかった費用を保障してもらえます。

入院に対して保険で備えるというのではなく、貯蓄で備えるという方法もあります。
例えば100日入院したとすると、1日5000円の保険であれば50万円支払われることになります。

保険料を支払ったつもりで毎月15000円貯蓄すると、3年もかからずに50万円を貯めることができるのです。
200万円近く貯蓄があるのであれば、わざわざ保険料を支払って入院に備える必要はないと思います。

しかし、ガンなどは医療費用が高額となってきますので、保険で備えることをお勧めします。

スポンサード リンク

生命・医療保険を選ぶ場合どんなことに重点をおきますか?

自分に合ったものを選ぶ、というのは当然重要なポイントになると思いますが、生命・イ旅保険と一言で言っても、色々な形があると思います。

生命・医療保険においても、種類があり、死亡保険、入院保障、老後・貯蓄保障などに分けられると思います。
また、その中でも、定期保険だったり、終身保険、がん保険など、もっとも、自分に合ったものを選べるように種類がさまざまあります。
生命・医療保険を選ぶ場合、このさまざまな種類を組み合わせて保険を組むのが一般的だと思いますが、自分ひとりではわからないことも多いですよね。
私も、そうなんですが、わからないことを納得がいくまで説明してくれた上で、生命・医療保険に加入することができれば安心して、生命・医療保険に加入することができると思います。
また、医療費の仕組みなども、理解していればわかりやすいんだな。ということにも気がつきました。
2〜3割自己負担するもの、全額負担するもの、このしくみを把握していれば、生命・医療保険への理解も早くなると思います。

生命・医療保険に興味を持った時に、少しずつ勉強していくのがベストだと思います。

正しい生命保険の入り方ル

保険といえば、種類が多くて「面倒」「難しい」「複雑怪奇」の代名詞のように言われるもの。
分からないからといって保険の営業職員さんに勧められるままに、「まあ、このぐらいの保険料ならなんとか払えるから」と加入してしまうことが多いかと思います。
これは悪い保険の入り方です。

大切なのは、あなたが持っている「保険に対する希望」を、はっきりと伝えることです。たとえば、死亡保障は、3,000万円欲しい、入院のときは1日10,000円欲しい、保険料は月15,000円までにおさえたい、などの希望を明確に言うことです。
そうすることで、営業職員もそれに沿った保険を設計することができます。
いい営業職員なら、希望にできるだけ応えようとしてくれるはずです。
この時にいい加減な対応をする人や、保険の知識が不十分な人なら、担当者を代えてもらうか、他の保険会社にあたったほうがいいでしょう。

保険は一度加入した後も、ライフスタイルに合わせていろいろな変更を加えながら一生つきあっていくものです。
信頼できる、うまくコミュニケーションのとれる担当者や会社を見つけることがとても大切なことです。

Copyright © 2008 60歳以上でも加入できる生命保険を見積りする。