50歳からの生命保険

50歳くらいになると子どもが独立することが多くなりますので、妻の生活保障以外は必要なくなると思います。
50歳からは老後を迎える準備に入るということで、余分な死亡保障を老後資金に回す転換期となるのです。
そのため、子どもが独立した時点で生命保険を見直すことが必要になってきます。

生命保険を見直す時のポイントは、余分な死亡保障を削り、その保険料を医療保険に回したり、老後のための貯蓄に回したりすることにあるようです。
終身保険は、解約返戻金を原資として個人年金として受け取ることができます。
この原資が大きければ大きいほど長期間にわたって年金を受け取ることができます。

終身保険から個人年金保険への切り替えを考えている人は、解約返戻金がどのくらいで、年金受給額がいくらくらいになるのか確認しておきましょう。
ただし、終身保険から個人年金保険に切り替えた時点で死亡保障が消滅してしまうことは頭に入れておきましょう。

金利の低い時期では個人年金保険のメリットは薄いようです。
個人年金保険のような貯蓄性の高い保険は、金利の低い時期に加入しても利回りが悪いからです。
金利の動向など、社会の情勢にあわせて個人年金保険に加入することをお勧めします。

定年まで待って、退職金を使用して個人年金保険に加入する方法もありますので、あせって個人年金保険に加入しないように注意しましょう。
老後に対する備えは個人年金保険ではなく、貯蓄でまかなう方法もあるということを考慮してください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

生命・医療保険を選ぶ

生命保険や、医療保険というのは、生活を送る上で、とても大切なものになってくると思います。
安心のできる生命・医療保険を確保したいな!というのは願いでもあると思います。
生命・医療保険で、思いつくといえば、ソニーなどといった会社だと思います。

ソニーの生命・医療保険などは、基本的なパターンも、3種類ほどあったりと、自分のニーズに沿って選ぶことができるもののようです。
自分のニーズ沿った生命・医療保険を選ぶことができるのは選ぶ側としては、とてもうれしいことですよね。
終身がいいのか・・掛け捨てがいいのか・・考え方はさまざまだと思います。
それぞれ、メリット、デメリットがあるからです。

生命・医療保険の保障額はどれくらいが一般的なのだろう。という疑問もあると思います。
実際、私も、生命・医療保険を選ぶ場合、もしも!の場合を1番先に考えました。
生命・医療保険の保障額は、一般的な額、というものはないのではないだろうか・・と、考えてしまいます。

家庭で必要な額も変化してきますし、収入にも変化があるからです。
大切なことは、アドバイザーなどとよく話し合って、自分にもっとも合ったものを選ぶ、ということにあると思います。
安い買物ではないと思うので、信頼できる生命・医療保険を選ぶことが重要ですよね。

生命保険を考える

将来の病気やケガの心配をはじめるとキリがなく、保障はいくらでも厚くしたくなるのが人情というものだろう。
保障を中心に考えると保険料はどんどん高くなる。必要性の少ない保険に入って「保険ビンボー」になってしまっている人も多いのではないでしょうか。

必要な保障は、家計のバランスや、家族構成などから考える。例えば独身で一人暮らしなら、月収に占める保険料の割合は5%が目安だといわれている。

年を取れば取るほど、病気になりやすく、ケガは治りにくくなるため、医療保障は高齢期までしっかりサポートするものを選ぶべきだと思います。
だから今まで医療保険に未加入だった方が選ぶのであれば、保障が一生涯続く終身型がよいでしょう。
加入したときの保険料がずっと続くので、年齢が一歳でも若いうちに入っておくことが重要です。

大切なのは、自分のライフスタイルに合っているかどうかが大切です。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 50歳でも加入できる生命保険を見積りする。