スポンサード リンク

スポンサード リンク

40歳からの生命保険

結婚から始まり、子どもが誕生して進学するようになると、教育費用もかかるようになります。

年々家族に対する責任が増していくことから、40歳くらいの人は生命保険の保険料を多く支払っていることと思います。

しかし、40歳くらいから子どもの成長に合わせて生命保険も見直していかなくてはなりません。

子どもが高校生くらいになれば、将来必要とされる教育費用も見えてくることでしょう。

この時、高額の死亡保障は必要なくなってきます。

子どものために加入した定期保険は解約し、その保険料を貯蓄に回すことをお勧めします。

長期の定期保険であれば、解約返戻金が支払われるタイプもあるようです。

終身保険など、貯蓄性のある保険は解約してはいけません。

解約返戻金のある終身保険は自分の老後を支える資金となる財産となりますので、途中解約はお勧めできません。

途中で契約を転換すると今まで培ってきたメリットが消滅してしまいます。

子どもがおらず、夫婦ふたりだけであるならば、終身保険を増額して老後に備えることもいいでしょう。

40歳以上では、子どもへの保障から自分の病気や老後の保障へとポイントを移していくことにあります。

スポンサード リンク

終身保険・定期付終身保険とは

主に、被保険者が死亡した時の遺族保障を目的に加入します。
保障期間の定めがなく、一生涯保障が続くので解約や失効しない限り死亡時には必ず保険金が支払われ、また解約した場合でも解約払戻金がありますが、保険料は定期保険よりも割高になります。
終身保険の支払い方法は、60歳位までで払い終わってしまう有期払いと、生きている限り払う終身払いと言う2つの方法があります。

葬式代や死後の整理費用を現金で残したい人に向いている保険です。

死亡した時遺族に保険金を残すのが目的です。終身保険に特約として定期保険が付いた保険で、一生涯保障を確保しながら保険料の安い定期保険で若い時の保障を厚くしている仕組みになっています。保障額の合計(終身部分+定期特約部分)が終身保険金額の何倍かにより、20倍型、25倍型などと呼ばれています。日本で最も一般的な保険ですが、その反面一番誤解の多い保険でもあります。

よくある誤解ですが、定期特約の期間が終了した時点で、保障は終身保険のみの保険料になるので高額保障はなくなり、保険金は減ります。
これを最初にしっかり把握しておかないと後で後悔する事になるので注意してください。

生命保険の保険料はどのくらいが目安か

生命保険の保険料が高く、毎月の保険料が家計に大きな影響を与えている人は多くいると思います。
生命保険の保険料がきつくて家計が苦しいということは「保険貧乏」と呼ばれています。
保険貧乏にならないためには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

基本的な姿勢としては、生命保険は最低限度の保障をカバーするものとし、余裕の資金は貯蓄やローンの返済にまわすことであるようです。
そもそも生命保険はお金の無い人が、万が一の事態に備えておく保障システムです。
貯蓄が十分にあり、いざという時にもそのお金でまかなえるのであれば、生命保険に加入する必要はないからです。

一般的な生命保険の支払い額は、月収の10パーセントはら15パーセントぐらいが目安といわれています。

終身保険などでは、払い込み総額や毎月の保険料は年齢によって大きな差が出てきます。
しかし、保険の種類によっては若い時から加入すると払い込み総額が多くなってしまうこともあるようですので注意が必要です。

医療保険は中高年になってから加入すると、健康状態によって多額の保険料がかかるケースもあります。

保険料が安くても必要の無い保険を買うことはないと思いますし、保険料が安いのであれば必要な期間に必要な保障額だけ加入すればいいのです。

Copyright © 2008 40歳から加入できる生命保険を見積りする。